一軒家

狭小住宅でゆったり生活|万全の体制で新生活

狭くても快適

インテリア

のびのび過ごせます

東京は土地が高いため、マイホームが欲しくても建てられないというのが現実です。そんな中、狭小住宅が東京内でも建てられる家として話題になっています。郊外に広い家を買うか、利便性の良い東京で狭小住宅を買うか迷う人もいるようです。狭小住宅は狭いのが難点ですが、工夫次第で住みやすさがアップします。狭い部屋を広く見せる方法で典型的なのが、天井を高く取ることです。余白が大きいほど部屋を広く見せる効果があり、圧力を感じることなくのびのび暮らせます。3階建てにする、屋上スペースをつくる、地下室を設けることも良い方法です。ただ、3階建ては平屋や2階建てと違って耐久性に劣るので、設備をしっかりさせる必要があります。万全の体制で新生活を始めましょう。

スペースをうまく使う

地下室は、収納スペースや書斎、ベッドルームとして使えます。半地下にすれば窓をつけられるので、明るさも確保できます。水まわりは必ずしも1階という決まりはありません。1階を家族みんなが集まったり、お客様をおもてなしするリビングにして、2階をダイニングキッチンやバスルームにする方法もあります。子どもがいれば3階を子ども部屋にして、自分たちの生活環境に合った家づくりをすることを目指します。セキュリティを万全にしておくことも、東京の狭小住宅で暮らすことでは要です。1階はもちろんですが、2階を防犯ガラスにするのが最近では常識となっています。窓は横に引く窓よりも、縦にスライドさせる窓のほうが防音に優れているようです。

思いが詰まった戸建て住宅

住宅

大阪で業者選びをするなら専門サイトを利用すると良く、予算や住宅構造等を比較して見極めることができます。大阪は男性のこだわりが強く節約に積極的なので、注文住宅を建てる時は打ち合わせに時間をかけると良いです。

もっと読む

純日本風な町

家の模型

京都には純日本風の街並みが広がっています。注文住宅であっても好き勝手に建設することができないこともあります。京都で注文住宅を行う際には、築年数が経過している場合はリフォームのほうが景観を壊さないこともあります。

もっと読む

価格や地形を考える

一軒家

ハウスメーカーで本体価格と表示されているものは建物だけの価格のことで、実際には他にかかるものがあり、2割から3割増しになると考えておく必要があります。埼玉で注文住宅を建てる際には台地は適していますが低地は基礎工事に気を付ける必要があります。

もっと読む